男女が平等でお互いの性を思いやれる社会にしよう

この国のすべての皆さんへ

女性が男の子の性器を描いてあらゆる出版物に載せる。卑猥な言葉を使う。性器の写真まで載せる。 その異常さに早く気づいてください。

 
 
 
 
 

< 私たちの宣言 >

  1. 私たちは差別はお断りです。女に性器を描かれるのはお断り。卑猥な言葉を、男性器語を使われるのはお断り。 卑怯者がどんな都合のいい理屈をつけようと差別は差別です。 完全な男女平等を求めます。
  2. 特に子供の本で男性器表現をする女性は許せません。未来を担う子供の心を歪めます。 差別をする作者には一人ひとり理由を問いただします。出版社には差し止めや回収、改訂を求めていきます。
  3. 日本は女性が公の場で差別的な男性器表現をする国として国際社会に訴えます。これは重大な人権侵害です。
 

私たちは今まで我慢してきた。でも、もう黙っていない。
もうこんな社会は終わりにしよう。

 

< その他、私たちが訴えたい事 >

新着・更新情報

サイト関連のお知らせ
  • NEW!コロナ時代に即したオンライン「抗議活動」のサイトを開設しました。英語版 Twitterを通して海外へも情報発信していきます。(2020/10/6)
  • 当会は2020年6月25日に「男性への性的差別をなくす会」から名称変更しました。今後ともご支援をよろしくお願いします。(2020/6/25)
  • 投稿集「母親に性器を」を掲載しました。(2020/6/25)
  • 性差別にまつわる詩集「言断」に「男性という人種差別」を掲載しました。(2020/6/25)
  • 過去のお知らせはこちらのサイトの #更新情報 に掲載してあります。(2020/6/25)

アップロード :  2019/07/21